2019/11/12

OPEN SITE 2019-2020

2019年11月23日[土]-12月22日[日]
トーキョーアーツアンドスペース 本郷(東京都文京区本郷2-4-16)
OPENSITE 2019-2020 特設サイト

[オープニング・トーク]
2019年11月23日[土・祝]|16:00-17:30
ゲスト:畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)

[関連イベント─1]
「絵画空間の新たな可能性」
2019年12月7日[土]|14:00-15:30
gnck(評論家)×YOF

[関連イベント─2]
「色彩研究を発露とした表現」
2019年12月21日[土]|14:00-15:30
粟野由美(東京造形大学・大学院教授、日本色彩学会)×YOF

2019/06/20

OPEN SITE 2019-2020

OPEN SITE 2019-2020に選出されました。

2019年11月23日[土]-12月22日[日]
トーキョーアーツアンドスペース 本郷(東京都文京区本郷2-4-16)
OPEN SITE 2019-2020

2019/02/12

Eureka

2019年3月2日[土]-10日[日]|12:00-20:00
GALLERY WATER(東京都港区西麻布2-7-5 ハウス西麻布4F)
https://www.gallerywater.com/exhibition-eureka

2018/08/15

オカムラデザインスペースR 第16回企画展 「Somesthetic -身体性-」

2018年9月27日[木]-10月17日[水]|10:00-17:00(日曜・祝日は休館)
オカムラガーデンコートショールーム
オカムラデザインスペースR 第16回企画展

Chameleon Project 第4回発表会イベント

2018年8月26日[日]|13:30-16:30
武蔵野美術大学 鷹の台校舎 10号館3階 312教室

「ヴァルールの定量化とそれを用いた視覚表現の可能性 Vol.2」
大原崇嘉(美術作家、プログラマー)・古澤龍(アーティスト)・柳川智之(アーティスト、デザイナー)

絵画用語の中でヴァルール(色価)という言葉がある。
わたしたちはヴァルールの定義を「画面における相対的見えの強さ」とした上で、色・位置情報の相互的関係性を考慮した独自の評価研究によって、これまで感性として扱われてきたヴァルールの定量化を試みてきた。
同時に、上記の研究をもとにした新しい視覚表現の可能性も探りながら、これまで様々な場所で作品発表を行なってきた。
本発表ではこれまでの実験的な作品の中から、色彩をテーマにした近作を中心にその背景や制作方法について紹介する。
http://chameleon-project.jp

2018/04/20

AMCジャーナル vol.2/2017

東京藝術大学芸術情報センターから発行された『AMCジャーナル vol.2/2017』に「ヴァルール評価の確立|古澤龍+柳川智之+大原崇嘉」を寄稿しています。
http://amc.geidai.ac.jp/2018/03/08/3039/

2017/10/21

ムサビ助手展2017 -武蔵野美術大学助手研究発表-

2017年11月27日[月]-12月22日[金]|10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
武蔵野美術大学 美術館・図書館(日曜日休館)
特設サイト